ブリーチ→パーマ→カラー。なぜこの手順なのか?

どーも!

メンズ束感カットとダブルカラーのスペシャリスト

そして毛髪復元アドバイザーの

ikedai(イケダイ)です。

Ikedaiってどんな人?って思った方はこちらから口コミをチェック←クリック

毛髪復元アドバイザーについてはこちら

毛髪復元アドバイザー取得『キューティクルは再生、復元する』

LINE@でのご質問ご予約なども承っております。

友達登録はこちらから!image

IMG_4631

このスタイルは

  1. ブリーチ
  2. パーマ
  3. カラー

の手順で作っていってます。

なぜこんな手順なのか?

ブリーチの後のパーマって傷むんじゃないか?

など疑問を感じる方も多いと思います。

理由はこちらのお客様のベースの状態にあります。

【ベースの状態】

毛先数センチブリーチ毛

中間トーンダウンあとあり

根元バージン毛

と短い髪の毛の中でこれだけ状態が違えばダメージ具合も違う

カラーの色落ちを防ぎたければパーマ→カラー

がセオリーですが

あえて先にブリーチでダメージ状態を均一にしてパーマのかかりムラを防ぎつつのオンカラー。

これができるのは

ブリーチ毛でも綺麗にかけれるパーマ剤があるから。

です

ブリーチ2回の髪の毛にパーマをかけたらこうなる!!

過去記事参考にしてみてください。

ダメージレベルを均一にしてないと元気なところがパーマが当たりにくくなったりしますので今回はこのプロセスを踏みました。

カラーをされない方の場合はベース剤などで状態を整えたりします。

などと

お客様の求めるゴールと毛髪の状態を考えて瞬時に最良、最短、のプロセスを生み出す為に

カウンセリングをかなり重要に考えています。

毛髪の状態などでお悩みがあればまずお気軽にご相談ください♪

hair design West Side STANDARD、IKedaiのネットご予約、LINE@でのご予約ご相談事前カウンセリングはこちらから☆ ←クリック

只今West Side STANDARDではスタッフを募集しています。

新卒、理容師、美容師、通信生、アルバイト、レセプション、など幅広く求人をしております。

ご興味のある方はお気軽にご連絡、見学などお申しつけ下さい。

TEL 06 7502 9678

カテゴリー:ダブルカラー, パーマ, メンズカット, メンズヘアスタイル, 束感パーマ

タグ:

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。