Wドライカットでお悩みに応えます!!

今回は僕のカットのこだわり

ダブルドライカット

についてお話ししたいとおもます。

ダブルドライカットとは簡単に言うと、髪質、骨格、癖などは関係なくこの動画見たいな動きや束感などを出したりシルエットを綺麗にしたりアイロンが上手くなくてもセットが上手くなくても良い感じのヘアスタイルを楽しめてしまうカットです。

僕がカットで使う技法の一つとしてドライカットというものがありますが

ドライカットというのは

乾いた状態でカットする事を言います。

濡れた状態からカットしても必ず乾かして毛量調整、質感調整、をしていきます。

では乾いた状態でカットすると何が良いのか?

というと

普段の乾いた状態の癖やボリューム乾いた時の髪質を細かくみながらカットできると言う事です。

この状態で毛量調整や質感調整をスライドカットやセニング、など様々な技法を用いてその方の髪質に合わせたカットをしていきます。

そして更に重要なのが

このカットの名前でもあるWドライカットをする事です。

名前の通り二回ドライカットをします。

どのタイミングでするかと言うと

仕上げ前の最後のお流しとドライヤーが終わった後にしていきます。

何故このタイミングで更に2回目のドライカットをする事が重要かと言うと

カット後の髪の毛は短くなったり軽くなったりした部分がでお流しいた後に

髪の毛自体の浮力がまして少しバランスが変わったりするからです。

ここで更にバランスを見ていく事で再現性がグンと上がります。

色々なお悩みを持っている方が多いと思います。

軟毛、剛毛、直毛、くせ毛、生えぐせ、絶壁、薄毛、M字、おでこが広い、狭い、前髪が割れやすいなど、、

全てのお悩みに対応出来る様に考えられたカット技法です。

そしてスタイリングも抜群にしやすくなります。

今までの散髪、カットの概念が変わると思います。

まだまだ語りつくせないぐらい拘りはありますが今回はこんな感じで簡潔に書いてみました。

ikedaiの拘り、最後まで読んでいただいてありがとうございます!!

(質問などがあれば気軽にSNS、LINE@までどーぞ。)

大阪、関西で唯一の

メンズ束感カットとダブルカラーのスペシャリスト

ikedai(イケダイ)こと、池下大介

Ikedaiってどんな人?って思った方はこちらから口コミをチェック←クリック

LINE@でのご質問ご予約なども承っております。

image

友達登録はこちらから!

hair design West Side STANDARD、IKedaiのネットご予約、LINE@でのご予約ご相談事前カウンセリングはこちらから☆ ←クリック

IMG_1861.JPG


カテゴリー:メンズカット, メンズヘアスタイル, メンズ束感ショート, 束感カット

タグ:

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。