広告

黒染め、トーンダウンするなら。

この時期は卒業式や春休みなどで、髪の毛を明るくしたいけど、一旦暗くしないといけないという方も多いみたいですね。

そんな時、黒染めをしてしまうと次明るくなりにくいけど1日、2日だけ暗くしたい。

でもすぐ明るくしたいという方のためにある実験をしました。

それは

カラートリートメントと普通のカラーの色の抜け方の違いについてです。

まず毛束を染めます

左が5トーンのアッシュブラウン

右が同トーンのカラートリートメント

脱染剤を塗布して20分放置。

5トーンのカラーはオレンジが残りました。

カラートリートメントは綺麗に色が抜けましたね!

通常の黒染めは2から3トーンとかなり暗いものが多いのでもっと赤みが残ってしまうのは容易に想像出来ますね。

ちなみに脱染剤とはブリーチとは違ってダメージがかなり少なくカラーの染料だけを落とせるものの事です。

ブリーチを使えばもっと脱色力が強いのでもっと色は簡単に抜けるのですが、ダメージもその分強いです。

ノーダメージのカラートリートメントに脱染剤だけで済ませれたら髪の毛にもかなり優しいですね!

これは一つのパターンの実験ですが、あらゆるパターンに対応したり、より良い提案ができるように日々研究や、検証をしています。

これから明るくされたい方や黒染めをしないといけない方など色々ご提案できると思いますのでお悩みの方は是非ご相談下さい^_^

(質問などがあれば気軽にSNS、LINE@までどーぞ。)

大阪、関西で唯一の

メンズ束感カットとダブルカラーのスペシャリスト

ikedai(イケダイ)こと、池下大介

Ikedaiってどんな人?って思った方はこちらから口コミをチェック←クリック

LINE@でのご質問ご予約なども承っております。

image

友達登録はこちらから!

hair design West Side STANDARD、IKedaiのネットご予約、LINE@でのご予約ご相談事前カウンセリングはこちらから☆ ←クリック

IMG_1861.JPG
広告

カテゴリー:メンズヘアスタイル

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。